過払い金返還請求について 

過払い金とは、債務者(借金をした人)が貸金業者に支払いすぎたお金のことを言います。

借金をした人が消費者金融をはじめとする貸金業者から、法定利息である利息制限法の利率を越えた利息で借金の借入れをしている場合、利息制限法を基に引きなおし計算をして算出された結果と比較したとき、本来払う義務がなかったお金のことです。

なぜ、過払いという状態が発生することがあるかというのは、消費者金融などの貸金業者が定める利息と法定利息である利息制限法の貸出利率に差があるからです。消費者金融などの貸金業者の多くは出資法の上限利息である29.2%ギリギリの貸出を行なっている場合が多いのです。

しかしながら、利息制限法では貸出利率の上限は次のように決められています。

利息制限法による上限利息

10万円未満:年20%
10万円以上100万円未満:年18%
100万円以上:年15%

このような状況が起こった原因の1つに罰則の有無があります。出資法を越えた利率で貸出を行なうと刑事罰の対象になりますが、利息制限法を越えた利息での貸出には罰則が特に設けられていないのです。

そのため、貸金業者は出資法の上限金利である29.2%という金利ぎりぎりで貸出を行っていくため、結果として「過払い金」という状態が発生するのです。

過払い金が発生するかどうかは契約内容次第のため、一概に何年以上取引があれば発生しているとはいえませんが、目安としては一般的には7~8年程度の取引があれば発生している可能性は高いですので、すぐに弁護士までご相談することをお勧めします。

また、過払い金は現在借金を抱えて支払いをし続けている人だけではなく、既に借金を返済している人でも発生する可能性があります。借金を返済している人の過払い金は請求に時効があるので、過去にサラ金などからお金を借りて借金を全て返済したことがある人は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。

一人で悩まず、お気軽にご相談下さい ご相談のご予約 0120-747-783 ご相談の流れはこちら